魂の正拳中段突き60本

1月16日(日)の千葉南支部鏡開き稽古会での事です。基本稽古が終わった頃に来客があり、自分が道場を離れた時の話です。
道場生からの報告です。
突然、龍翔鳳舞の法被を着た啓治師範が現れました。その下には赤いちゃんちゃんこを着て赤のニット帽を被っていました😁
師範がいない事を告げると、掛け軸を見ながら「ウオー!トラ!寅!寅!」と何度も叫び、「ツーブロック!ツーブロック!」と絶叫してたそうです。
という訳で、啓治師範が(ツー)ブロック割りの演武を披露してくれました。その後はジャンケンゲームにも参加して、少年部達も大喜び((´∀`*))啓治師範は中国へ行く前は地元で町会議員をやっていましたので、新年の激励に来てくれた道場生でもある千葉市議会議員の青山先生と初対面にもかかわらず二人で大いに盛り上がっていたそうです。
最後は還暦に因んで啓治師範の号令で正拳中段突きを60本。啓治師範を囲んで集合写真を撮り、無事に終えました。
早くこんな日が来ないかなあ😆😁

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA