2022総本部鏡開き稽古会

1月9日快晴の中、大山総裁が眠る護国寺で総本部鏡開き稽古会が行われました。昨年は中止されましたが、今年は日本代表選手30名を含めて関東近郊の支部長や道場生を中心に230名が参加しました。千葉南支部からも14名が参加し、組織の発展と日本代表選手団の勝利、道場生の皆様の益々の精進と活躍そして健康を祈願しました。緑代表の号令で気合い一杯基本稽古を行い、2022年の最高のスタートを切ることが出来ました。来週は千葉南支部の鏡開き稽古会です。感染防止対策を徹底して多くの道場生の参加を待ってます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA